工場の仕事内容やその勤務形態を知りましょう


工場の仕事は売り手市場

工場に働いている人の数は、経済産業省によると、約760万人です。日本にはさまざまな仕事がありますが、その中でも工場勤務は最も働いている人の数が多い仕事の1つです。少子高齢化によって工場で働く人の数だけでなく応募者数も少なくなっているので、現在は売り手市場になっています。

工場の仕事を知りましょう

工場の仕事は大きく分けて3つあります。1つは製造ラインで働く仕事です。具体的には部品を組み立てて完成品を作る作業、製品を加工する作業、完成品が仕様内容に合致しているのか検査する業務などです。これらの仕事は製造ラインで行われる作業です。もう1つは製造ラインや出荷現場にアイテムを届ける仕事です。部品や材料がなければ製造ラインでものを作ることはできませんし、せっかく完成しても出荷しないと意味がありません。こうしたデリバリー業務も工場での大きな役割を担っています。商品によってはフォークリフトでの運搬も必須になる場合もあります。最後は製造ラインを管理する仕事です。製品がきちんと納期通りに出荷できるか管理します。

工場の働き方を理解する

工場の働き方は多様です。生産性を安定させるために工場を24時間稼働させているところが多いため、シフト制を採用することが多く、その場合は2交代制か3交代制です。2交代制は日勤と夜勤に分けてそれぞれ勤務する形態で、3交代制は24時間を3つに分けてそれぞれ勤務する形態です。こうして常に生産し続けて納期遅延を防ぎ、クライアントに安定供給しています。

東京の工場の求人の種類は多岐にわたります。業界や業務内容を吟味して、適性があるものを選ぶのが大切です。