工場の求人選びで確認するべきポイントを解説


残業時間の有無や長さ

工場の求人を探す際には、仕事内容の確認と同時に残業時間の詳細を確認しておきましょう。求人によっては残業時間の長さが明確に記載されておらず、「月20~40時間」という風に大雑把に記載されている場合があります。求人には残業の平均時間として「月20~40時間」と記載し、繁忙期には40時間以上の残業を求められる会社もあるのです。働き始めてから残業時間の詳細を知って後悔することもあるため、工場の求人選びや面接では残業時間の詳細を確認するのが重要です。

実際に働いている人の年齢層

就職を考えている工場で実際に働いている人の年齢層を確認すると、人間関係の不安を拭えるだけでなく工場の労働環境が見えてきます。特定の年齢層が多過ぎるもしくは少な過ぎる工場は、少ない年齢層に対して厳しい労働環境である可能性が高いです。年を重ねるごとにボーナスが少なくなる工場や、若手に厳しい工場である可能性が考えられます。

1つのラインで作業している人数

気になる工場の求人が見つかったら、実際に工場で作業している様子を見学させてもらいましょう。1つのラインで作業している人数を確認すると、工場全体の人手不足の度合いが確認できます。トイレに行きたい時や休憩を取る時のための交代人員がいない工場は、人手不足に悩まされている可能性が高いです。人手不足に悩んでいる工場は、何とかして労働者を確保するために魅力的な求人情報を掲載します。しかし実際に工場の様子を見学してみると、求人情報に記載されている内容と相違点がある場合が多いため注意しましょう。

神奈川の工場の求人は、臨海部の工業地帯を中心に募集が行われることがあり、特に自動車や大型機械類の組み立て工場では高給を得ることも可能です。