仕事探しにおいて電話応募するメリットと注意点を紹介


電話応募するメリットについて

仕事探しでは、良い求人を見つけたら採用試験を受けたい事をその求人の担当者に伝える必要がありますよね。担当者に伝えると、採用試験の内容や面接日時などを教えてくれます。そこで、求人の応募方法としては電話応募がありますが電話応募する事によって、採用担当者にすぐに「求人に応募したい」と伝える事ができます。つまり、スムーズに採用試験に進めて時間のロスが少ないでしょう。さらに、正しい敬語を使って担当者と会話すると、第一印象が良くなり書類選考や面接などでプラスに働きます。

また、担当者が留守の場合でもすぐに折り返し連絡してくれる場合が多いです。最近は、ネット応募が多くなっていますがネット応募よりも電話応募の方が時間のロスが少ないです。

電話応募する時の注意点について

求人に応募する時には、電話応募がありますがいくつかの注意点があります。まず、求人先の会社に電話応募する場合はなるべく求人先の会社が忙しくない時間帯にしましょう。例えば、飲食店であれば忙しい時間帯には昼の11時から13時と夜の18時から22時があります。この時間帯に電話すると迷惑になる可能性があるので、夕方などあまり忙しくない時間帯に電話連絡しましょう。また、あくまでこれは飲食店の場合なので業種によって忙しい時間帯が違います。

さらに、電話で担当者と話す時に小声だったり、敬語で礼儀正しく話せなかったらマイナス印象になり第一印象が悪くなります。そうなると、面接などにも影響してくるので聞こえやすい声で敬語を正しく使いましょう。

日研トータルソーシングは、全国各地にトレーニングセンターがあり、研修が充実しています。業務に必要なスキルを磨いていくことが出来ます。